AGA治療には専門医の治療が一番

AGAの治療には大きく分けて発毛・育毛・増毛・植毛という4つの方法があります。
発毛は頭皮の状態を改善して毛根の力を取り戻し、自分自身の髪が生えてくるようにする方法です。育毛は今はえている毛髪を太く長く成長できるようにする方法で、ある程度の髪が残っている場合に使う方法です。
増毛や植毛はは1本1本の毛に複数の人工的な髪を結び付けたり貼り付けるという方法で、自分の髪の毛に負担をかけてしまう可能性が大きい方法です。

今注目のAGA治療と言えば、フィナステリドやミノキシジルなどといった発毛成分を塗ったり内服したりする方法です。医師による処方が必要となりますが、厚生労働省にも認められた育毛成分なので、確実にAGAの改善をしていきたいなら、専門医の診断を受けるのが一番です。
ジヒドロテストステロンの抑止に効果があり、発毛サイクルを正常の状態に戻すことで自分の毛を生えやすいようにしてくれます。

毛根や毛包、頭皮の血流の促進などを改善し栄養補給をしていくという方法で、より確かな発毛を目指すことが出来るのです。

AGAと前立腺がんには関係があるのか?

AGAはそれに悩んでいる人にとっては本当に深刻な問題です。
ですが、まあ言ってしまえば、見かけ上の問題だけです。
AGAが進行して最終的には死に至るというような病気ではないのです。

ですが、気になる噂があります。
それはAGAと前立腺がんの関係です。

前立腺がんは日本の男性がん患者の1割以上を占めているがんで、欧米ほどではないにしても、死亡者の割合も高いがんです。
特に50代以降、高齢になるに従い、注意しないといけないがんと言えます。
この前立腺がんはAGAの人がなりやすいと言われているのですが、これは本当なのでしょうか?

実は関係があるようなのです。
AGAの原因の一つに男性ホルモンのジヒドロテストステロンがあります。
この物質が前立腺に影響を与えることで、前立腺がんになる可能性があるということです。
ですが、AGAの人が必ず前立腺がんになるというわけではありません。
だから、AGAの人は一応、前立腺がんの可能性を参考程度に考えておく程度で良いと思います。